食事と運動とサプリメントで血管年齢を若く改善させる

人間ドックや生活習慣病予防検診や病院での検査などで中性脂肪や悪玉コレステロールの数値や血糖値や血圧が高いと診断された経験があるという人は多いのではないでしょうか。

私もその一人です。私の場合は悪玉コレステロールの高さに悩まされています。

悪玉コレステロールの数値が高いと高脂血症や動脈硬化を発症させるリスクが高くなるので将来への不安感や危機感を抱くようになりました。

高脂血症や高血圧や動脈硬化や糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を防ぐためには血管年齢を若く保つことが重要なポイントとなります。

私も年齢を重ねるにつれて血管年齢を意識するようになりました。

そこで、血管年齢を若く改善させるために対策を行うことにしました。

私が行った対策は、食事の見直しと適度な運動とサプリメントの摂取です。

食事、運動、サプリメントの効果的な取り入れ方

食事において気をつけたことは、脂質や糖質や塩分の摂り過ぎに注意する、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質をバランスよく摂取する、こまめな水分補給、食べ過ぎないなどです。

運動は、脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動や基礎代謝量アップ効果が期待できる筋トレを中心に行っています。

サプリメントは、悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血圧を下げる働きがある多価不飽和脂肪酸のDHAやEPA、脂質の代謝を促す働きがあるビタミンB群、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEやコエンザイムQ10やアスタキサンチンなどが配合されているものを積極的に摂取しました。

その結果、悪玉コレステロールの数値は見事に下げることができました。

これからも血管年齢を若く改善させるために積極的な対策に努めてしなやかで健やかな血管を保ち生活習慣病を予防に役立てたいです。

血管年齢改善が参考になりました。